三岸節子

三岸節子
〜愛と情熱のアーティスト〜

SETSUKO MIGISHI

1905年 愛知県に生まれる
1921年 上京して岡田三郎助に師事
1924年 女子美術学校(現・女子美術大学)を首席で卒業。三岸好太郎と結婚
1934年 好太郎死去。第5回独立展で「室内」他が独立賞を受賞
1967年 北海道立三岸好太郎美術館に、好太郎の遺作220点を一括寄贈
1968年 長男の洋画家・黄太郎一家と共に、南仏カーニュに居を定める
1974年 ブルゴーニュの小村ヴェロンに移り住む
1991年 ワシントン女性芸術美術館において日本人作家として初の回顧展
1994年 女性洋画家として初の文化功労者となる
1998年 愛知県尾西市に、三岸節子記念美術館開館
1999年 歿。享年94歳

東洋的ではないが優美で
巨大ではないが力強く
華麗ではないが美しく
技術的ではないが技術を越えた画面 〜美術評論家クロード・リペール

私は毎朝まず画室にはいる
どんなに疲れていても、気分が滅入っていても、さっぱり
絵を描く気分が出なくても、まず画架の前に座る。
何を描いてよいのやらさっぱりわからない。
描く対象が五里霧中である。
まず、目をつむって、両手を合わせて祈る。〜三岸節子

花・南佛カーニュにて
SOLD OUT
(油彩)昭和46年10月
※三岸節子画集 1990 No215 掲載
[画寸法 455x378mm]
SETSUKO MIGISHI
SOLD OUT
(紙に油彩)
[画寸法285×185 mm]

SETSUKO MIGISHI
SOLD OUT
花(油彩 )
[画寸法 580×385mm]
SETSUKO MIGISHI
SOLD OUT
花(油彩 6号)
SETSUKO MIGISHI
三岸節子
 SOLD OUT
(グワッシュ)
[画寸法 350×261mm]
SETSUKO MIGISHI
室内 SOLD OUT
(グワッシュ)
[画寸法 380x282mm]
SETSUKO MIGISHI
 SOLD OUT
(紙にクレパス)1979年
[画寸法 380x282mm]
SETSUKO MIGISHI

(リトグラフ 本人サイン番号入り)
[画寸法 385×480mm]
SETSUKO MIGISHI
赤い花
(リトグラフ 本人サイン番号入り)
[画寸法 495×415mm]
SETSUKO MIGISHI
黄色い花
(リトグラフ 本人サイン番号入り)
[画寸法 515×390mm]
SETSUKO MIGISHI
三岸節子
花・ヴェロンにて SOLD OUT
(シルクスクリーン)
[画寸法 530×440mm]
SETSUKO MIGISHI