ホーム

<お知らせ>

 この度の新型コロナウイルス感染防止対策のため、スタッフはマスクを着用して対応させて頂きます。

ひきつづき、ソーシャルディスタンスを考慮し、事前に予約のお客様優先のご案内となりますので、ご了承ください。

ご来店予約及び作品の詳細につきましては、メールまたはお電話にて承ります。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

推奨 入荷作品

 
東山魁夷
東山魁夷
緑響く
(木版画)
[画寸法 385×530mm]2000年作
KAII HIGASHIYAMA
 
東山魁夷
ルオー
XIII-愛すれば心嬉しきに!〜ミゼレーレ
(銅版画)
[画寸法 575×410mm]1923年作 1948年出版
GEORGES ROUAULT
 
この版画集のタイトルは、旧約聖書に登場するラテン語「神よ、われを憐れみたまえ( Miserere mei Deus)」に由来している。ルオーがこの版画集の着想を得たのは、1912年の父の死であった。当初は、キリストの受難にまつわる物語を描き出すことを目的としていたが、1914 年に第一次世界大戦が勃発して、凄惨な戦争の悲劇を目の当たりにした彼は、『ミゼレーレ』の 分冊として、『戦争』という新たな冊子の制作を構想する。あまりにも壮大な計画であったがゆえに、 この構想は実現しなかったが、全58点からなる版画集『ミゼレーレ』が二部構成となっており、「哀れみたまえ (Miserere)」、そして「戦争 (GUERRE)」と刻まれた扉絵が、それぞれ存在しているのは、こういう事情である。
実際の版画制作は1920年代に行なわれたが、出版業者ヴォラールとの諍いや不慮の事故によるヴォラールの死、そして第二次世界大戦を経て、この版画集が出版されたのは1948年のことであった。

画家の全盛期に制作されたことに加えて、構想から30年以上を経て出版された経緯を鑑みると、版画集『ミゼレーレ』は文字通り、ルオーの 版画芸術の集大成であるといっても過言ではない。
 
 
ボナフェ
藤田嗣治
横たわる猫
(木版 版上サイン)
[画寸法 330×445mm]1929年作

TSUGUHARU FUJITA
 
ボナフェ
リンゴとチューリップ
(油彩 12号)
ROGER BONAFÉ
 
ボナフェ
松井ヨシアキ
チェロ弾き SOLD OUT
(油彩3号)

YOSHIAKI MATSUI
 
清水 規
西明寺春彩
(紙本彩色10号)
NORI SHIMIZU
 
瀧下和之
富嶽風神雷神図
(シルクスクリーン)
[画寸法 388×530mm]
KAZUYUKI TAKISHITA