コタボ

コタボ

ANDRE COTTAVOZ

1922年 フランス南東部の町、サン=マルスランに生まれる。
1939年 リヨンのエコール・デ・ボザールで学ぶ。
1945年 フランス各地の展覧会等に出品。
1946年 パリのラ・プレイス・ディヴリの「Salon of the young painting」にパリの風景を出品し、ボナールの流れをくむ具象画家として認知されるようになる。
1950年 プリ・ナショナル賞を受賞。
1953年 フェネオン賞受賞。同時期にリヨン美術学校を卒業したジャン・フサロらと共に、リヨン派新具象を形成し画壇の注目を集める。パリで初個展開催。
1972年 東京、大阪などでコタボの展覧会を開催。
1987年 初来日。ヴェネツィアをテーマにした展覧会を東京で開催。
2005年 Magnelli Museumでの大規模な回顧展を開催。
2012年 89歳で逝去。

作品収蔵:フランス国立近代美術館、パリ市立美術館およびルクセンブルク、トリノ、東京、山形等の各美術館

重厚なマチエールと多彩な色使いで20世紀フランス画壇を代表する作家、アンドレ・コタボ。
印象派やフォーブという先人たちの血を引き継ぎながらも、それに踏襲することなく、彼独自の造形を生みだしてきた。
コタボの言葉に「湧き出るものがないときは、キャンバスを破って何「十回も描き直す」とある。
彼の作品制作の上で最も重要なことは、沸騰する内面の感情をいかに表現できているかなのである。その意味からするとコタボの体質はヴァン・ゴッホのそれと相通ずるものがあるのかもしれない。

庭の花束
(油彩 8号)

[画寸法 460×380mm]
ANDRE COTTAVOZ
アトリエの裸婦
(油彩 5号)

ANDRE COTTAVOZ
LES PINCEAUX
(油彩 15号)
[画寸法 460×650mm]

ANDRE COTTAVOZ
果物のある静物 SOLD OUT
(油彩 15号)1975年作

ANDRE COTTAVOZ
エレーヌの花束 SOLD OUT
(油彩 12号)
2002年作
ANDRE COTTAVOZ
バラ SOLD OUT
(油彩 8号)
1993年作
ANDRE COTTAVOZ
青いアイリスSOLD OUT
(油彩)
[画寸法 330×240mm]
1997年作
ANDRE COTTAVOZ
チューリップの花束 SOLD OUT
(油彩 15号)
[画寸法 650×460mm]

ANDRE COTTAVOZ