版画コレクション

ピカソ
ペトラルカの5つのソネット
(挿画本)のための扉絵
(ビュラン・アクアチント)
[画寸法 140×119mm]110部限定 1947年作
※奥付に本のエディション、サインとして翻訳者ルイ・アラゴンによる直筆の諺が記載されている。
(L’aubêpine demeure sur les hauts chemins :山査子は険しい山道にある)
PABLO PICASSO

 

フランチェスコ・ペトラルカ(1304~1374年)はイタリアの詩人・学者。代表作「カンツォニーレ」はラウラという女性へ捧げられた恋愛抒情詩である。

1947年に出版されたこの詩集は「カンツォニーレ」から5つのソネットが収められている。詩は匿名希望の翻訳家によりフランス語に訳されたが、題辞、序文、また諺の中に現れる手がかりから容易に特定でき、翻訳者はフランスの作家、詩人、評論家でもあるルイ・アラゴン。彼の妻である作家エルザ・トリオレへのオマージュにもなっている。

本作の版画は美しい楕円形の顔に髪がなびいていて、これはラウラやエルザの理想的な肖像画で、この作品によってピカソの愛人フランソワーズ・ジローの特徴を見出していたと想像できる。同日にピカソはシュルレアリスムを用いた同じ顔のエッチングを制作した。

 

 
ピカソ
彫刻家、モデルと胸像〜スウィート・ヴォラール SOLD OUT
(エッチング・サイン入り) 限定250部
[画寸法 267×194mm]1933年作
PABLO PICASSO
 
ピカソ
Femme accoudée, sculpture de dos et tête barbue
スウィートヴォラールNo.71
(エッチング・サイン入り) 限定250部
[画寸法 377×294mm]1933年作
マージンに「Picasso」のウォーターマーク
PABLO PICASSO

 

19世紀から20世紀のフランスでルノワール、セザンヌ、ゴッホ など印象派、後期印象派の画家を多方面から援助し、彼らから 厚い信頼を得ていた画商アンブロワーズ・ヴォラール。

1930年~1937年にかけてヴォラールはピカソに100種類の 版画の制作を依頼する。この版画は“スウィートヴォラール”と 称され戦前におけるピカソの版画の主峰をなすものになった。 現在このシリーズは、世界中の美術館、コレクターに収蔵されて いる。本作品「Femme accoudée, sculpture de dos et tête barbue」はスウィートヴォラールの中の一作で、1933年 ピカソ52歳の時に制作された250部のエッチングである。内容はこのシリーズの中心主題となっている“彫刻家とアトリエ” 46種の中で特に人気が高く、まさにピカソ絶頂期の代表作品と言える。

ピカソ版画の国際市場価格は青の時代の1904年に制作された傑作版画<貧しき食事>が2014年、ロンドンのオークショ ンにおいて120万2500ポンド(当時2億1千万円)で落札され た。以来、ピカソの版画の世界市場価格は上昇を続けている。

アンブロワーズ・ヴォラール(1866~1939年)
有名無名問わず多くの芸術家(その中にセザンヌ・ピカソ・ゴーギャン・ゴッホ・ルオー等々)に対して物質・精神的な援助をし、個展を開き世界的な画家にした大画商。
画家達の信頼も厚く、才能の方向を正確に判断できる眼識の持ち主で、多くの画家が彼の特別な依頼によって版画や豪華本の挿絵を制作した。
フランスの近代絵画の発展に貢献し功績を挙げ、美術コレクター、美術書出版者でもあった。

 

 
パブロ・ピカソ
ゴンゴラ・20の詩 #19
(銅版画) 275部 1948年作
[画寸法 375×275mm]×2
[額寸法 585×795mm]
PABLO PICASSO
 
ピカソ
ゴンゴラ・20の詩#5
(銅版画)275部限定
[画寸法 各375×275mm]
[額寸法 585×795mm]1948年作
PABLO PICASSO

ピカソが1947年に制作した『ゴンゴラ』は、翌年、275部の豪華限定版としてパリで刊行された。
限定版『ゴンゴラ』は、20篇のソネットを、ピカソによる全頁大の扉絵(女の顔等)、ピカソの手書きによるスペイン語のテキスト部分等で構成し、全てパリのロジェ・ラクーリエール工房で印刷された銅版画である。

60代半ばを過ぎたピカソが、同じスペインの大詩人ゴンゴラの詩を描いた本作品集は、ピカソ一流の変奏が施され、20世紀出版史の上でも代表的な詩画集と言えるだろう。

 
棟方志功
棟方志功
梅 香リミツの柵〜心偈頌
(板画)
[画寸法 280×200mm]1957年作
棟方志功鑑定委員会 鑑定登録証 付
SHIKO MUNAKATA
 
棟方志功
棟方志功
酒にがくの柵(獅子窟の柵)〜流離抄板画巻
(板画)
[画寸法 330×300mm]1953年作
棟方志功鑑定委員会 鑑定登録証 付
SHIKO MUNAKATA

 

棟方志功
額装
[額寸法 ×mm]

 

「世界のムナカタ」として、国内外から高い 評価を得て不動の地位を築いた棟方志功。 「わだばゴッホになる」。青森から上京し 「板の生命を彫り起こす」という想いから、 自らの版画を「板画」と称し、数々の傑作を 世に残した。本作『流離抄板画巻』は、棟方 が昭和28年、歌人吉井勇の歌集(「流離抄」 など)から選んで制作された31首の木版画で ある。その中の本作「獅子窟の柵」は裏彩色 仕上げの代表的人気作である。裏彩色とは、 白黒の木版画の和紙の裏から色付けするもの で、木版画特有の線や墨を消すことなく彩色 が可能である。棟方は、吉井と同じく昭和20 年、富山に疎開した共通の体験からか、この 吉井の富山時代の歌を大変気に入り「大声で 歌いながら彫った」 「わたくしの板画の決定という形」と後に語 っているように『流離抄板画巻』は棟方板画 の決定版と言える名作である。

 
棟方志功
棟方志功
原・裾一文字の柵〜東海道棟方板画
(板画)
[画寸法 365×480mm]1963年作
棟方志功鑑定委員会 鑑定登録証 付
SHIKO MUNAKATA

洋画の梅原龍三郎、日本画の横山大観など錚々たる巨匠が画業の大成時期を迎える頃、満を持しての如く霊峰富士に挑んでいる。
本作は棟方が還暦を迎えた1963年、江戸浮世絵の天才、北斎、広重に挑んだ「東海道棟方板画」62柵の中の一作。
日本一の名峰富士山を漆黒の幾何学的な三角形で描いた斬新なデザインである。
誰もが描いてきた富士の山肌、冠雪の白、流れる雲などを一切省いた現代アートに通ずる作品といえる。
画中右上の「法眼棟志功」の朱印は1961年、富山の日石寺および京都法輪寺より法眼位を叙位され、以降棟方は自信作にはこの印を使用するようになった。
モノトーンのデザイン的な本作品は現代の住宅におしゃれに飾っていただける作品である。
高級感の漂う本額装はこの名品を一層際立たせている。

 
 
藤田嗣治
猫十態 SOLD OUT
(銅版画 サイン番号入り)
[画寸法 350×289mm]1929年作
TSUGUHARU FUJITA

 

「猫十態」は、1929年頃にパリのアポロ社より出版された版画シリーズで、猫の生き生きとした10種のポーズが描かれている。当時の職人の名から〔マカール法〕と呼ばれエッチング、ドライポイント、アクアチント等による混合技法で制作された。
画家自身も製版から仕上げまで監修し、すべてに自筆サインを入れている。100セットと若干の特装版が制作された。
乳白色を背景とし淡い色彩と繊細な描線で輪郭を描いた藤田ならではの素晴らしき乳白色の時代の版画の代表作。


 

 
ボナフェ
藤田嗣治
お針子娘
~魅せられたる河
(カラーエッチング)
[画寸法 325×235mm]1951年
TSUGUHARU FUJITA

 

ボナフェ
藤田嗣治
下町
~魅せられたる河
(カラーエッチング)
[画寸法 325×235mm]1951年
TSUGUHARU FUJITA

 

 
藤田嗣治
パシテア〜猫の本
(コロタイプ)
[画寸法 200×260mm]1930年作
TSUGUHARU FUJITA
【猫の本】

1929年に描かれたモノトーンのドローイングに、イギリスの詩人マイケル・ジョセフが猫の名前と短文を添え、フジタが制作したコロタイプ版画20点を付した500部限定の挿画本。
ジョセフは、猫の権利向上を求めるロビイストであり、「大英帝国シャム猫協会」の初代会長に就任するほどの猫好きであった。本書の猫たちは、一匹一匹にギリシャ神話や聖書、ローマ史に現れる女神などの名前がつけられている。
コケティッシュなハーハス、自由を愛するサッフォーなどそれぞれ個性的な性格が綴られている。愛らしさだけでなく、ネズミを捕る冷酷さ、つれなさ、細やかな仕草を賞賛する愛猫家にとって、 簡潔でありながら猫の多様な個性を想像させるフジタの表現は十分に魅力的だっただろう。
1930年、ニューヨークにおける本書の刊行は、フジタの名声をアメリカで広める契機となった。
 
藤田嗣治
藤田嗣治
ランジェリー〜四十雀
(リトグラフ)
[画寸法 185×185mm]1963年
TSUGUHARU FUJITA
 
藤田嗣治
藤田嗣治
バガボンド
~小さな職人たち SOLD OUT
(木口木版)
[画寸法 185×185mm]1960年
TSUGUHARU FUJITA

 

藤田嗣治
藤田嗣治
石研ぎ職人~小さな職人たち
(木口木版)
[画寸法 185×185mm]1960年
TSUGUHARU FUJITA

 

 
【しがない職業と少ない稼ぎ】

全 119 ページ、エディション番号付き 261 部の限定本。
パリの風俗をテーマとした作品を得意とした作家のアルベール・フルニエとギイ・ドルナンのテキストに、藤田の油彩画をもとにした 21 点の多色刷り木口木版の挿画入り大型挿画本である。
ここで掲載されている藤田の自画像を除く、20 点の挿画は、すべて 1958~59 年に描かれた油彩による連作《小さな職人たち》から選ばれていることを考えると、藤田はかなり以前から出版人のピエール・ド・タルタスとともに、この挿画本の構想を練っていたことがうかがえる。
タイトルにもある「しがない職業」は、19世紀から 20 世紀にかけて台頭したブルジョワ層と対極をなす、むかしながらの職人や街角にたつ物売りたちのことを指しており、ここでは、「ガラス職人」「床屋」「仕立屋」「左官屋」「すみれ売り」など、子供の姿態をつかって表現されたさまざまな職人たちが、藤田によっていきいきと描かれている。生涯、自分のことを職人だと自認していた藤田にとって、パリの街角でひっそりと、かつたくましく生きている職人たちは、自身の人生と重ね合わせて見つめ続けるべき特別な存在であった。
〜その他の藤田作品はこちら〜
 
ユトリロ
サン・ピエール教会
(霊感の村)(ポショワール)
[画寸法 320×255mm] 1950年作
MAURICE UTRILLO

 

ユトリロ
ユトリロ
村の道〜霊感の村

(ポショワール)
[画寸法 315×260mm]1950年作
MAURICE UTRILLO

 

 
カトラン
カトラン
黒いテーブルの上の夏の花束
(リトグラフ サイン・番号入り)
[画寸法 620×440mm]
1987年作
BERNARD CATHELIN
 
ブラジリエ
春の乗馬 SOLD OUT
(リトグラフ サイン・番号入り)
[画寸法 620×470mm] 1981年作
ANDRÉ BRASILIER
 
イカール(Louis ICART)
スピードII SOLD OUT
(エッチング サイン入り)
[画寸法 385×630mm] 1933年作
LOUIS ICART
 
アイズピリ
アイズピリ
青い蝶
(リトグラフ サイン・番号入り)
[画寸法 600×460mm]
PAUL AÏZPIRI

 

アイズピリ
アイズピリ
オレンジの背景のチューリップの花束
(リトグラフ サイン・番号入り)
[画寸法 480×400mm]
PAUL AÏZPIRI

 

 
ミロ
HOMMAGE A SAN LAZZARO No.982
(エッチング、アクアチント サイン・番号入り)
[画寸法 540×385mm] 1977年作
JOAN MIRÓ
 
ミロ
THE PINE OF FORMENTER(939)
(エッチング、アクアチント サイン・番号入り)
[画寸法 885×740mm] 1976年作
JOAN MIRÓ

 

ピカソと共に20世紀を代表するスペインの巨匠、ジョアン・ミロ。
1893年 バルセロナに生まれ少年期を過ごす。
若い頃から日本文化への憧れを隠さなかったミロは「ただ一本の線や一つの点に正気を与えたい」という北斎の言葉に感銘し、強い影響を受ける。後にミロの日本文化への関心は北斎や浮世絵にとどまらず、やきもの、書、民芸などへと広がっていく。
1941年(48歳)ニューヨーク近代美術館で初の大回顧展が開催され、大芸術家への地位を獲得する。ここで名声を高めたのは油彩ではなく紙を支持体とする<星座>シリーズやリトグラフの<バルセロナ>シリーズであった。
日本には1966年の国立近代美術館で開催されたミロ展、及び1969年大阪万博の為に制作した陶板壁画『無垢の笑い』設置指導の為と2回来日している。
本作「THE PINE OF FORMENTER(フォルメントールの松)939」は1976年作の銅版画(エッチング、アクアチント)。6枚シリーズの中の1作で限定50部と極めて稀少である。
銅版画特有の自然な発色と自由な線描は、ミロ晩年の代表作として高い評価を得ている。

※フォルメントールはスペインマジョルカ島にある岬で人気の観光名所になっている。マジョルカ島はミロのアトリエがあった事でも有名。

 

 
sakrai
ビュッフェ
ソリドール塔
(ドライポイント サイン・番号入り)
[画寸法 690×1035mm] 1971年作
BERNARD BUFFET
 
ドラクロワ
プルミエールランデブー
(シルクスクリーン サイン・番号入り)
[画寸法 432×536mm]
MICHEL DELACROIX

 

アノラ・スペンス
レディ・ミュージシャン(ライラック)
(ジグレー・オン・キャンバス+手彩色) 10部限定
[画寸法 380×515mm]
ANNORA SPENCE

 

 
シャガール
イヴ
(リトグラフ・サイン番号入り)
[画寸法 750×620mm]1971年作
MARC CHAGAL
 
ジャンセン
タンスのある風景

(リトグラフ・サイン番号入り)

[画寸法 510×700 mm]1986年作
JEAN JANSEM
 
カシニョール
アニバーサリー

(リトグラフ サイン・番号入り)
[画寸法 890×680mm] 1990年作
JEAN PIERRE CASSIGNEUL
 
平松礼二
日本の祈り 花は咲く
(シルクスクリーン 手張り本金箔)
[画寸法 400×900mm]
REIJI HIRAMATSU
 
東山魁夷
夕紅
(木版画)
[画寸法 355×510mm]
1999年作
KAII HIGASHIYAMA
 
千住 博
天体の運行 NIGHT
(リトグラフ)
[画寸法 387×637mm] 1993年作
HIROSHI SENJYU
 
千住 博
ウォーターフォール HS I
(HSエディション)
[画寸法 780×1167mm] 2002年作
HIROSHI SENJYU
 
千住 博
朝に聴く声 売約済
(シルクスクリーン)
[画寸法 502×432mm] 2002年作
HIROSHI SENJYU
 
中島千波
神田の大糸櫻

(シルクスクリーン、手張り本金箔)
[画寸法 455×900mm]
CHINAMI NAKAJIMA
 
三岸節子
花 I (赤)

(リトグラフ 本人サイン番号入り)
[画寸法 565×380mm] 1980年作
SETSUKO MIGISHI
 
三岸節子
荻須高徳
靴屋メトロ SOLD OUT
(リトグラフ サイン・番号入り)
[画寸法 450×645mm] 1986年作
TAKANORI OGISU

 

三岸節子
荻須高徳
ラ・グリーユ
(リトグラフ サイン・番号入り)
[画寸法 573×480mm]1977年作
TAKANORI OGISU

 

 
平山郁夫
月光斑鳩の里
売約済
(木版画)
[画寸法 306×430mm] 1991年作
IKUO HIRAYAMA
 
三岸節子
片岡球子
富士に献花 農鳥の富士に花々 売約済
(リトグラフ 本金箔・砂子、 プラチナ泥使用 版上サイン・印 番号入り)
[画寸法 283×473mm]
TAMAKO KATAOKA
 
加山又造
ざくろ
(メゾチント・ビュラン サイン番号入り)
[画寸法 138×185mm] 1999年作
MATAZO KAYAMA
 
加山又造
加山又造
紫陽花

(メゾチント ビュラン サイン番号入り)
[画寸法325×223mm] 1992年作
MATAZO KAYAMA
 
森田りえ子
秋華

(手張り本金箔・シルクスクリーン)
[画寸法 410×900mm]
RIEKO MORITA
 
画業35周年記念作品
森田りえ子

華花 
HANA BANA

日本人は四季の移ろいを大切に生かしながら暮らしています。この度の作品は日本の四季を代表する花たちを選びました。
季節折々の息吹をそっと感じていただければ幸いです。
 

 

森田りえ子
ハイビスカスと蝶
(シルクスクリーン
・手張り本金箔仕上げ)
[画寸法 275×335mm]

RIEKO MORITA

 

森田りえ子
八重椿
(シルクスクリーン)
[画寸法 275×335mm]

RIEKO MORITA

 

森田りえ子
秋宵
(シルクスクリーン)
[画寸法 263×335mm]

RIEKO MORITA

 

森田りえ子
朧月
(シルクスクリーン)
[画寸法 256×335mm]

RIEKO MORITA

 

 
後藤純男
鹿苑寺庭園 売約済
(リトグラフ サイン・番号入り)

[画寸法 352×850mm]
SUMIO GOTO
 
斎藤清
さつきの会津 (4)

(木版画 サイン・番号入り)
[画寸法 383×530mm]
1989年作
KIYOSHI SAITO

 

斎藤清
美の競演 売約済
(木版 サイン・番号入り)
[画寸法 375×240mm]
KIYOSHI SAITO

 

 
瀧下和之
富嶽風神雷神図
(シルクスクリーン)
[画寸法 388×530mm]
KAZUYUKI TAKISHITA
 
フジ子・ヘミング
フジ子・ヘミング
紙のピアノ物語 SOLD OUT
(シルクスクリーン サイン・番号入り)
[画寸法 365×800mm]
Ingrid Fuzjko Hemming
 
フジ子・ヘミング
フジ子・ヘミング
ある日のアンナ・ロジェB

(シルクスクリーン サイン番号入り)
[画寸法 530×230mm]
Ingrid Fuzjko Hemming

 

フジ子・ヘミング
フジ子・ヘミング
ビァンゴ

(シルクスクリーン サイン・番号入り)
[画寸法 280×263mm]
Ingrid Fuzjko Hemming

 

 
上村淳之
四季 花鳥図
(シルクスクリーン)
[画寸法 352×900mm]
ATSUSHI UEMURA
祖母松園の晩年暮らした奈良、平城山(ならやま)の先生のアトリエに訪れる小島たちと季節の移ろいを描いた「四季花鳥図」は、2010年にオープンした大阪新歌舞伎座の緞帳の為の原画として制作されました。
「鳥の気持ちを、声を描きたい。生命の輝き、それを謳歌する鳥の歓びを描きたい。」そんな先生の願いが込められた代表作です。
 
東山魁夷
ルオー
XIII-愛すれば心嬉しきに!〜ミゼレーレ SOLD OUT
(銅版画)
[画寸法 575×410mm]1923年作 1948年出版
GEORGES ROUAULT

 

この版画集のタイトルは、旧約聖書に登場するラテン語「神よ、われを憐れみたまえ( Miserere mei Deus)」に由来している。ルオーがこの版画集の着想を得たのは、1912年の父の死であった。当初は、キリストの受難にまつわる物語を描き出すことを目的としていたが、1914 年に第一次世界大戦が勃発して、凄惨な戦争の悲劇を目の当たりにした彼は、『ミゼレーレ』の 分冊として、『戦争』という新たな冊子の制作を構想する。あまりにも壮大な計画であったがゆえに、 この構想は実現しなかったが、全58点からなる版画集『ミゼレーレ』が二部構成となっており、「哀れみたまえ (Miserere)」、そして「戦争 (GUERRE)」と刻まれた扉絵が、それぞれ存在しているのは、こういう事情である。
実際の版画制作は1920年代に行なわれたが、出版業者ヴォラールとの諍いや不慮の事故によるヴォラールの死、そして第二次世界大戦を経て、この版画集が出版されたのは1948年のことであった。

画家の全盛期に制作されたことに加えて、構想から30年以上を経て出版された経緯を鑑みると、版画集『ミゼレーレ』は文字通り、ルオーの 版画芸術の集大成であるといっても過言ではない。