柳沢正人

柳沢正人

MASATO YANAGISAWA

1955年 長野県佐久市生まれ
1981年 東京藝術大学大学院美術研究科日本画専攻修了
1983年 文化庁芸術家国内研修員となる
1991年 第2回五島記念文化賞美術新人賞受賞
1992年 五島記念文化賞助成によりイタリア フィレンツェ海外研修
    両洋の眼現代の絵画展出品(同’93’94’95’96’98’99’09)
1993年 第2回菅楯彦大賞展(招待)大賞受賞
    個展 プレトリオ宮殿(イタリア)
1995年 個展 箱根芦ノ湖成川美術館(同’98’03’08’10’12)
1997年 個展 カルカッソンヌ城(フランス)
2001年 長野県龍雲寺 客殿 襖絵制作(全24面)
2004年 コラボレーション メディチ・リカルディ宮殿(イタリア)
    海浜幕張ワールドビジネスガーデンに縦1.8×横75mの壁画設置
2005年 個展 佐久市立近代美術館
2006年 個展 五島美術館
2012年 21世紀展出品 東京美術倶楽部 他巡回
2017年 個展 箱根芦ノ湖成川美術館

主なコレクション
成川美術館 佐久市立近代美術館 水野美術館 ウッドワン美術館 光が丘美術館 倉吉博物館 郷さくら美術館 小海町高原美術館 成城学園 佐久市役所 甘楽町 チェルタルド市(イタリア) メディチ・リカルディ宮殿(イタリア)

〜刻(とき)の旅人〜
“平面という2次元の世界に、時間と空間を封じ込めたい”
そんな、壮大な想いを抱いて海外研修に選んだ憧れの地イタリアに、初めて降り立ちました。
あれから30余年、まだ見ぬ景観をめざして訪れた国々で、瞬時に創作意欲を掻き立てられる景色との出会い。それは人が創った文明の証であったり、数万年単位で形造られる自然の景観であったりするのですが、そこで対峙して感じるエネルギーを何とか画面に捉えようと一途に制作してきました。
作品を通じて、日本画の特性が描き出すモチーフの質感と、画面に込められた悠久の時間の流れに想いをはせて頂ければ幸いです。ー 柳沢正人

柳沢正人
桜花爛漫 売約済
(紙本彩色)
[画寸法 120×135mm]
MASATO YANAGISAWA
桜花爛漫
(紙本彩色 3号)
MASATO YANAGISAWA
柳沢正人
ヴェネツィアに降る光 売約済
(紙本彩色 6号)
MASATO YANAGISAWA
東京 売約済
(紙本彩色 10号 分割)
MASATO YANAGISAWA
ベネチアの薔薇 売約済
(紙本彩色 8号スクエア)
MASATO YANAGISAWA
聖なる街 フィレンツェ
(紙本彩色 10号)
MASATO YANAGISAWA
神の棲む街フィレンツェ 売約済
(紙本彩色 10号 分割)
MASATO YANAGISAWA
柳沢正人
桜花の図 売約済
(紙本彩色 10号 分割)
MASATO YANAGISAWA